読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

織田信長と征くFGO―ノッブに認められる才人を目指して―

(スマホゲーム Fate/Grand Order における)織田信長に惚れ込み、『スマホゲー? 課金? ありえねーwww』と思っていたオタクが、信長様と一緒にFGOを(二部から)制覇していく。そんな夢を見つつ、細々育成に励む弱小マスタードの記録。

ノブの旅路

初めまして、FGOをプレイしているしがないマスターの一人、筏です。

 

私はFGOの織田信長が大好きで大好きで仕方なく、FGOをサービス開始当初から今まで続けられたのは、半分が魅力的なストーリーと途中から神った運営のおかげ、もう半分は織田信長が初期の配布サーヴァントだったおかげと言えるほど、信長が好きです。

 

『続けるだけで威張ってんじゃねーこのにわか!』と思う人も多いと思いますが、大抵のゲームを中途半端にほっぽりだしてきた私の人生では、一年半以上も一つのゲームに夢中というのはなかなか異例なことなんです。

 

ポケモンは殿堂入りしたことがなく、牧場物語では結婚したことがなく、どうぶつの森は一か月以内に飽き、スマホゲーは手を出したことはあっても三日以上続いたことはありませんでした。

 

FGOは、私のゲームに対する考えを大きく変えてくれた作品です。

 

私はFGO界隈に数多くいるすごいプレイヤーさんの足元にも及ばない弱小マスターです。

 

ですが、そんな弱小マスターでも、弱小マスターなりに、自分の好きなサーヴァントと共に、自分も、他のプレイヤーさんも楽しめるような旅路を歩めるように頑張っていきたいと思います。

 

このブログは、織田信長とFGO1.5部(新宿除く)と第2部を駆け抜ける軌跡を残すことを目的としています。

 

そしてできれば、個人的にあまり日の目を見ていないように感じる☆3を中心に用いた攻略も、していければいいなと思っています。

 

私は現在、学業がかなり忙しい身の上ですので、上手く記事が書けなかったり、お見せするに十分なプレイができなかったりするかもしれません。

 

そういう時は、『こいつのこういうところは上手くないから、自分はこうしよう』と反面教師にしていただければ幸いです。

 

次回は、FGOにおける英雄・織田信長がどういうサーヴァントなのかを、簡単に説明していきたいと思います。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 

……私たちが戦っていたのがメキシコの荒野であることを教えてくれたとあるブログでは、FGOでは屈強なフレンズに舐められないようにするのが重要だと書かれていました。

 

私は前途の通り弱小マスターで、さらには貧乏学生でありますので、札束で殴ることも、時間で殴ることもできません。

 

ですが、FGOのブログを書こうと思い上がるくらいにはプレイしていることを示すため、少しだけ弊カルデアのスクショを上げます。

 

f:id:FGO-odanobunaga111:20170315220636p:plain

f:id:FGO-odanobunaga111:20170315220706p:plain

f:id:FGO-odanobunaga111:20170315220715p:plain

 

まあ、織田信長と共にFGO第2部を駆け抜けよう、なんて言ってるなら当然ですよね。

 

マシュはいつか聖杯を捧げたいと思っている、FGOにおいて信長の次に大切な後輩です。

 

他にも基本的な七クラスは、各クラス一人ずつオールスキルマの推しがいたりしますが、彼らもそのうち紹介することがあるかもしれません。

(アサシンは好きな子が多くて、どの子をスキルマにするかちょっと迷ってます)

 

それまでこのブログ、続くかなぁ……

 

続くといいなぁ……(リアルの日程から目を背けつつ)

 

 

 

次回、織田信長という英霊

第1部を振り返りつつ織田信長を紹介!

お前これマーリンが強いだけじゃね? っていう突っ込みが来ること間違いナシな最近の高難易度イベは放っておいて、個人的な思い出メモリーを振り返りつつ、現在開催中のぐだぐだ本能寺イベを攻略! するのは次の記事?

乞うご期待!